安いかたちにするための家族葬のポイント

家族葬は安いお葬式の方法としても知られるようになりました。その安いという言葉が先行してしまったところは、デメリットになってくることもあります。家族葬にするといったことで、親戚などに理解を求めるときに、安いというイメージばかりが先行してしまうことがあるからです。実際に費用は抑えることができますが、それ以上に大きな形にしたくないということもあるでしょう。家族の疲労を考えた時にも軽減できる方法ですし、お別れする精神的な余裕と時間を作りたいといったときでも有効です。こうした理解を求めることは必要であり、家族葬を行う上で大切です。

注意しなければいけないのは香典の部分にもあります。安いというかたちにはなりますが、これはあくまでも出費の部分です。お葬式は収支のバランスを考えることも必要になってきますが、香典をお断りする場合には、収入はなくなります。家族だけでおこなうときには、できるだけシンプルにしていくことが出費を抑えていくことにもなる点は注意が必要です。

香典をいただく場合には、香典返しも考えておかなければいけません。家族葬では、その場でお返ししないでも、本来の方法であるあとから香典返しを用意するという方法も取れます。頂いた金額に対して返していくことができるため、費用を抑えることにもつながります。

お葬式として大きな規模になると、安いというメリットも失われてしまうことが考えられます。近隣の方がこられて香典をいただいた結果、急ぎ香典返しを用意するといったことも出てきてしまうでしょう。そういった事態にならないように、葬儀社とともにしっかりとしたかたちを作ってお断りできるようにすることも重要になってきます。