コンパクトなかたちが安い家族葬

葬儀社もいろいろなプランを用意するようになったのが家族葬の特徴となってきました。他の方法と比較しても、かなり安い方法となってくるでしょう。オプションなどをできるだけ排除して、費用負担を軽くしていくところが重要です。内容をはっきりと確認する必要もありますが、飾らないシンプルなお葬式にすることで、思っている以上に安い費用で行うことが可能です。

シンプルなお葬式ということでは、家族葬には決まった形がありません。これでなければいけないというものではなく、家族が納得できるお葬式にすることが重要です。費用を抑えていくためにも、直葬を考えるというのもひとつの方法です。あまりお別れする時間がないという場合には、1日葬のようなかたちを考えてみるのもいいでしょう。

1日葬は、通夜を行わない方法になりますが、家族でお別れするという基本的な考え方からすれば、合理的な方法です。しっかりとお別れする時間を取ることができますし、お葬式という儀式も執り行えます。かなり安い費用になるのは、1日で済むというところが大きいでしょう。問題点として、お坊さんにお願いをするときに、形式的な問題で断られることがある点です。通夜というかたちを外してしまうだけでもダメといわれることがあります。檀家になっているときには、相談してみる必要があるでしょう。

無宗教や埋葬場所が寺院墓地ではないときには、安い方法にする選択肢はかなり広がります。家族葬というコンパクトな形式をさらに生かしていくことができますので、葬儀社とも事前によく相談し、検討してみることが大切です。