家族葬のように規模を抑えることが安い方法になる

家族葬を考える上では、規模の問題があります。費用を考えてみると、場所が大きくなればそれだけ費用がかかります。人数がうまく把握できない場合には、必要以上に大きな場所になってしまうこともあり、出費がかさむ可能性が出てくるのが問題点です。家族葬にすることによって、大きな会場は必要がなくなります。葬儀社の中には専用の会場を持っているところもありますが、利用できればかなりの削減につながるでしょう。公民館といった公共施設を借りて出費を抑える方法もあります。家族葬のように参列者数が少ない場合には有効な方法となるでしょう。ただし、近隣の方にお葬式を行っていることを知られたくない場合、公共施設での家族葬は目立つ可能性がありますので注意が必要です。

家族や近親者のみになってくるため、祭壇も豪華なものにする必要がなくなります。祭壇の費用は高額であることも多いため、祭壇を小さなものにするだけでも費用負担を大幅に抑えられるようになるでしょう。家族がお別れをしっかりとできる環境を作るのが大切なのであって、豪奢な祭壇を作ることが大切なわけではないからです。外部からの評価を気にする必要がないところも、葬儀費用を安いものにできる理由となってきます。

実際に大きな費用となってくるため、花代を抑えるというのも重要です。家族葬では最小限の量に抑えられるのは、安いお葬式を目指すメリットとして出てきます。自分たちで持ち込みができないような場合もありどこでもできるわけではありませんが、自分たちで好きな花を選んで購入できれば効果的です。依頼する場合でも、家族葬のように人数が少なければ、使う花代も下げられます。コンパクトなお葬式にすることは、こうした部分にも効果を発揮することになるでしょう。