家族葬が安い理由のひとつが通夜にある

家族葬が注目され、費用が安い方法として考えられるようになったのは、いろいろと理由があります。安い方法となってくるのは、一般的なお葬式とほぼ変わらない流れを持っていながらも、余計な出費を抑えることができるからです。家族などの近親者や本当に仲の良かった人などで送り出すのが家族葬であり、はっきりとした定義はありません。家族だけに限定してしまうこともできますし、親類を呼ぶという選択もあります。この選択が重要になってきますが、理解してもらうように努めることが大切です。人数がはっきりしてくることは費用を考える際のポイントでもあります。

家族葬に限らず、お葬式にはさまざまな費用が必要です。その中で大きなものとなると考えられるのが、通夜にかかる費用が挙げられます。現代では通夜に多くの方が訪れる場合があります。その際には通夜振舞いや香典返しといったことを考えていかなければいけませんが、かなりの費用が発生することになります。本来は家族が悲しむための時間として使われていたものが、告別式と変わらないような時間となることもあります。何人の人が訪れるかもわかりませんし、通夜振舞いも高額化してきていることを考えると、大きな負担になってしまいます。

家族葬では、身近な人に限定できるだけではなく、人数をはっきりさせられるという特徴を持っています。さらに、高額な通夜振舞いをする必要はなく、身内で食事をするといった感覚で行うことが可能です。不足して困るということもありませんし、追加して高額な費用につながることもありません。